鶏卵生産情報公表システム

『たまご』がお手元に届くまで
皆様に安心してお召しあがりいただけるよう、
全農では、それぞれの段階でチェック項目を設けて、
品質や安全性を管理しております。

皆様のお手元の『たまご』を産んだ鶏が産まれたところです。ここで産まれた卵が孵化場(卵が孵化するところ)に運ばれます。 種鶏場では、鶏舎内の環境検査や鶏の健康診断等を実施し、サルモネラ菌(SE・ST・SH)に汚染されていないことを確認しています。
卵が孵化するところです。
ここでかえったひよこは、育成場(ひよこを育てるところ)に移動します。
孵化器の拭取り検査や、産まれたてのひよこの健康診断等を実施し、ひよこがサルモネラ菌(SE・ST・SH)に汚染されていないことを確認しています。
ひよこを育てるところです。元気に育ったひよこは大人になって、採卵鶏農場(『たまご』を産むところ)に引越します。 育成場では、ひよこが健康に育っていることを確認するために、鶏舎内の環境検査やひよこの健康診断等を実施し、ひよこがサルモネラ菌(SE・ST・SH)に汚染されていないことを確認しています。
大人になった鶏は、ここで皆様にお届けする『たまご』を産みます。 採卵鶏農場では、鶏舎内の環境検査や鶏の健康診断等を実施し、サルモネラ菌(SE・ST・SH)に汚染されず、クリーンな環境で『たまご』が生産されていることを確認しています。また鶏が飲む水や、飼料についても定期的な検査を行ない、安全性を確認しています。もちろん飼料には抗生物質は含まれておりません。
産まれた『たまご』は、ここで、洗浄・殺菌・乾燥・計量・包装されます。 GPセンターのふき取り検査を行い、清浄度を確認し、衛生的な製品作りを行なっています。
このように万全な安全管理を行い、生産された『たまご』なので、安心してお召しあがりください。 製品は、『たまご』の鮮度・黄身の色・殻の強度などの品質検査や、卵内容物のサルモネラ菌(SE・ST・SH)検査を、定期的に行ない、安全で高品質な『たまご』であることを確認しています。
また、一定期間過酷な条件下で保管した『たまご』の微生物検査を行ない、安全性が担保できる賞味期限を設定しています。


*サルモネラ菌(SE・ST・SH)とは採卵鶏の卵巣を介して卵の中に入るいわゆる「インエッグタイプ」のサルモネラ菌で、
  主な食中毒の原因菌です。
*環境検査では、鶏舎のほこりを検査しています。
*鶏やひよこの健康診断では、盲腸便をサンプリングし、検査をしています。
*上記の写真は当該農場を撮影したものではありません。


「鶏卵生産情報公表システム」 トップページへもどる



Copyright(c)2005.jz-tamago.Co.,Ltd..All right reserved.
当ホームページに掲載の文章・記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権はJA全農たまご株式会社またはその情報提供者に帰属します。